311からより広がった太陽光発電

今日本人は、電気について一番考えを変えなくてはならない時期に来ているのではないだろうか。
東日本大震災の影響により、計画停電が去年は行われた。

記憶に新しいので覚えている人が多いだろう。

電力の値段が上がるのも時間の問題と考えている人は多いのではないだろうか。

そのために、声高に叫ばれているのは節電やエコなどだろう。

しかしいくら節電をしても、私のようなあまり意志の強くない人が節電をしても一か月ほどでやめてしまい、そこからは普段と同じように電力を使うかもしれない。

そうなれば、電気使用量はとんでもないことになってしまうだろう。
そうならないように、何か対策を取らなくてはいけない。


太陽光発電について説明致します。そこで私がお勧めするのは、太陽光発電である。


私が家の電気を太陽光発電に変えた結果、電気代をなんと払わなくて良いまでになったのである。
太陽光発電といえば、いかんせん設置するのに値段が高いのと考えている人が多い。

しかし電気をただで作り、またその余った電力を、電力会社に売れるのである。

そうなるとどうなるだろうか。
そのまま電力を売り続ければ、最初に払ったお金は全額帰ってくるのである。
また少しでも多く電力を売るために、節電を今よりも、熱心にするだろう。それに、太陽光発電は高いと思われているのだが、それも現在は覆されようとしている。

なぜならば国が、クリーンエネルギー対策のために太陽光発電を、推しているために国から補助金が出るのである。
しかもその補助金はスズメの涙ほどのものでなく、ちゃんと納得できるほどの金額が国から太陽光発電を買った場合はもらえるのである。

いま地球温暖化や、原発の問題さらには、それに伴う電気価格の高騰が将来的に起こるとされている。

少しでも地球にそして家計にやさしくなるために、今が一番太陽光発電を取り付けるのに適しているのではないだろうか。

私は、そう思っている。

https://www.facebook.com/pages/コンピュータソフトウェア協会/435135273262515?rf=295775573894119
http://www.joho-gakushu.or.jp/approval/
http://pcsa.or.jp/